会社の財務やバランスシートの状況によって、これまで受けることのできた金融機関からの融資が困難になる可能性があるのは、どのような事業者の方でも同じです。めぼしい不動産もキャッシュも手元にない段階で資金繰りを解決するのは大きな難題です。そういった場合、売掛債権担保融資、またはファクタリングの制度を使うことができます。

事業活動を継続している限り、売掛先に債権をまとめて保有していることは珍しくありません。売掛債権担保融資の特徴は、売掛債権を担保にして融資を受ける方法です。現金が入金されるまでの期間(支払サイト)があります。

現金

一方、ファクタリングという資金調達方法は、売掛先に対して保有する売掛金債権を譲渡し、対価として現金を得る取引のことです。以後の債権者はファクタリング会社になります。その入金方法については、3社間取引と2社間取引によって違いがあります。3社間取引は、債券の販売者、ファクタリング会社、売掛先の3社で行われます。売掛金債権の取引について売掛先に通知、承諾してもらい、債券販売後は売掛先からファクタリング会社に入金されます。2社間取引は販売者、ファクタリング会社で行われ、売掛先への通知、承諾はなく、債券販売後は、売掛金先から債券販売者へ、そしてファクタリング会社へと支払う流れです。

ファクタリングを利用することのメリットは、手数料が発生しますがすぐに現金化できることです。また融資ではなく債券を買い取りしてもらう取引なので、売掛先の信用力さえ確かなら、債務超過や税金滞納をしているなど、融資を受けられなさそうな状況の事業者でも、キャッシュを確保できるのもメリットです。

しかし悪徳会社が参入しているのも確かです。ファクタリングでは売掛先からの支払期日より先に現金化できますが、債権の属性や未回収のリスクに応じた手数料を乗せた金額が控除されキャッシュを得ることになります。悪徳会社では融資ではないことに付け込んで、利息制限法や出資法の上限金利を大きく越える手数料を請求する会社もあります。

悪徳会社でよくある手口は、ファクタリング取引を装って、実質は高金利の債権担保融資を持ちかけるというものです。具体的には高額の手数料を控除して見積もりの半分程度の金額を入金しておきながら、残りの分については高金利の融資を勧誘するという手口です。本来の取引であれば、完了後、一切債務関係は残らないはずです。ところが悪徳会社は残金を債権担保融資とするため、いつまでも高金利の利息を支払う羽目になり、最終的には事業が破綻するリスクに直面します。信頼できる会社を選ぶことが、何においても重要です。