「エビスホールディングス」はどんなファクタリングサービス?強みや特徴を調べてみました!

日本銀行

株式会社エビスホールディングスは東京都大田区にあるファクタリング取引会社で、2015年に法人設立しています。ファクタリングを主に、企業再生事業、財務・会計コンサルティングなど行っています。大手都市銀行、上場不動産会社出身者や企業再生コンサルタント経験者が対応してくれるので、経営について多角的にアドバイスをくれるなど安心できます。

買い取る売掛金取り扱い金額の幅は広く、下限は100万円から上限は1億円となっているほどです。建築請負や製造業などはロット数や工事規模によって売掛金が数千万から1億円近い規模になる事も珍しくないので、比較的高額の資金需要にも応えることができるファクタリング会社といえます。数千万円規模を銀行などの金融機関で得るには、最低2週間から1カ月ほどの審査機関が必要です。これほどの期間があくとキャッシュフローがショートする可能性があり、一時的に即資金が必要な場合は頼ることができません。この点エビスホールディングスでは、必要となる審査、面談をすれば、通常3日ほど、状況により即日で対応してくれます。

また融資とファクタリングの違いに着目すると、ファクタリングでの現金化は売掛先の信用力に左右され、信用が高く評価されれば、リーズナブルな手数料で売掛債権を現金化することができます。そしてファクタリングは借入とは違うので、保証人はいりません。また2社間のファクタリング取引において、売掛債権譲渡後に売掛先が倒産して売掛金の回収が不可能となっても、資金の返却が不要である返却償還請求権のない契約(ノンリコース)が主流になっています。その分手数料が高くなりがちですが、もし売掛先の倒産リスクなどがある場合は安全策ともいえるでしょう。

ただしファクタリング取引を利用するときに注意するべきなのは、2社間取引の場合、売掛金が入金されたら全てファクタリング会社に支払う必要があります。融資の場合は分割して弁済できますが、ファクタリングは売掛債権の売買なので、支払いの遅延や分けて回数払いすることは不可能です。

これらの点を踏まえて、エビスホールディングスをはじめファクタリング会社を利用するにあたって、円滑に審査に進むために、ヒアリング時に率直に現在の自社の状況について説明しましょう。手数料や債権売買の掛け目など気になることは色々ありますが、疑問点などはすべて解消するように心掛けることが納得のいく取引をするために大切です。

「ファクタリング」の記事について紹介しています。こちらも合わせてどうぞ。
介護士と高齢者の女性
「GCM」はどんなファクタリングサービス?強みや特徴を調べてみました!

株式会社GCMは東京都中央区銀座に本店を構える、診療報酬債権・介護報酬債権・自立支援給付債権を専門に買い取るファクタリング会社です。大手銀行...

記事を読む

アパレル業
「えんなび」はどんなファクタリングサービス?強みや特徴を調べてみました!

えんなびは東京都台東区に本店を構えており、株式会社インターテックが展開しているファクタリング会社になります。えんなびのファクタリング審査通過...

記事を読む

東京都新宿区
「PMG」はどんなファクタリングサービス?強みや特徴を調べてみました!

PMGファクタリングのサービスを提供するピーエムジー株式会社は東京都新宿区に本社を構えており、大阪と福岡に支店を持つファクタリング事業、コン...

記事を読む

電話での審査
「ウィット」はどんなファクタリングサービス?強みや特徴を調べてみました!

株式会社ウィットは東京都新宿区に本店を構え、仙台市と福岡市に支店を構えるファクタリング会社になります。東北と九州に支店を展開していることから...

記事を読む

弁護士
「ファクタープラン」はどんなファクタリングサービス?強みや特徴を調べてみました!

ファクタープランは、東京都豊島区東池袋に本店を構えており、株式会社ワイズコーポレーションが運営しているファクタリングサービスになります。運営...

記事を読む