「ファクタープラン」はどんなファクタリングサービス?強みや特徴を調べてみました!

弁護士

ファクタープランは、東京都豊島区東池袋に本店を構えており、株式会社ワイズコーポレーションが運営しているファクタリングサービスになります。運営元の株式会社ワイズコーポレーションは、ファクタリング事業以外にも多彩なメニューの中小企業支援サービスを提供しています。資金繰りの問題から起業再生や企業再編など、経営者の状況、ニーズに対応したサポート事業を展開しているのが特徴です。社外でも資金調達ネットワークの構築に成功しており、弁護士や税理士、社労士などの専門家とチームを組んで、経営者が抱える問題解決に向けて有力なサポートが期待できます。

口コミをみると、財務状況から金融機関の審査を落ちたものの、ファクタープランで資金繰りに目途がついたとの評価も寄せられています。また、ファクタープランでは債権譲渡登記なく買い取りできる場合もあり、それは大きなメリットです。なぜなら債券譲渡があった場合、債券譲渡登記をして譲渡の事実を公示しますが、現在銀行からの融資を申し込みされている場合、融資がおりないなど審査に影響する可能性があるからです。

ファクタープランでは法人の依頼者はもちろん、個人事業主でも法人相手の売掛金債権を保有していれば利用可能です。またファクタープランは様々な分野の売掛金債権を買い取り対象にしているので、業種の限定を受けることはほぼないでしょう。下は30万円から上限3000万円までの買い取りに対応しており、売掛先企業の状況によって変わりますので一度相談してみるとよいでしょう。審査も迅速で最短即日入金にも可能で、急な資金繰りにも安心です。

ところでファクタリングの利用にあたり気になるのは手数料ですが、ファクタープランでは2社間取引で5%から、3社間取引で3%からと、かなりリーズナブルに設定されています。もちろんこの数次はあくまで下限を示したものに過ぎないので、実際の利用にあたっては手数料が高くなりますが、一度利用を検討する価値はあるといえるでしょう。

ただしファクタープランにも利用にあたりいくつかの注意点があります。まず審査にあたり経営者の来店が必須な点です。書面だけでのファクタリング取引は困難なので、地方企業の方にとっては交通費負担などが必要になるのでデメリットといえるでしょう。そしてファクタープランは継続利用を推奨している点も注意するべきです。ファクタリング取引を利用すれば、短期的にはキャッシュフローは改善するものの、手数料負担がネックになり長期的視点では改善は難しい側面があります。近いうちに入金の見込みがあって、一時的に手元のキャッシュに不足がある場面で賢く活用するのがよいでしょう。

「ファクタリング」の記事について紹介しています。こちらも合わせてどうぞ。
日本銀行
「エビスホールディングス」はどんなファクタリングサービス?強みや特徴を調べてみました!

株式会社エビスホールディングスは東京都大田区にあるファクタリング取引会社で、2015年に法人設立しています。ファクタリングを主に、企業再生事...

記事を読む

電話での審査
「ウィット」はどんなファクタリングサービス?強みや特徴を調べてみました!

株式会社ウィットは東京都新宿区に本店を構え、仙台市と福岡市に支店を構えるファクタリング会社になります。東北と九州に支店を展開していることから...

記事を読む

介護士と高齢者の女性
「GCM」はどんなファクタリングサービス?強みや特徴を調べてみました!

株式会社GCMは東京都中央区銀座に本店を構える、診療報酬債権・介護報酬債権・自立支援給付債権を専門に買い取るファクタリング会社です。大手銀行...

記事を読む

OKサインを出す女性
「ビートレーディング」はどんなファクタリングサービス?強みや特徴を調べてみました!

株式会社ビートレーディングは東京都港区に本社を構えており、大阪と福岡に支店を展開しているファクタリング事業会社です。事業経営者の方が日々遭遇...

記事を読む

全国
「ジャパンマネジメント」はどんなファクタリングサービス?強みや特徴を調べてみました!

ジャパンマネジメントは株式会社ラインオフィスサービスが運営するサービスです。2016年6月に設立され、資金調達支援、ファクタリング業務、在庫...

記事を読む