「GCM」はどんなファクタリングサービス?強みや特徴を調べてみました!

介護士と高齢者の女性

株式会社GCMは東京都中央区銀座に本店を構える、診療報酬債権・介護報酬債権・自立支援給付債権を専門に買い取るファクタリング会社です。大手銀行出身者や、公認会計士などが100%出資した私募ファンド(プライベートファンド)を原資にしています。会社設立は平成25年とファクタリング会社の中では比較的歴史の浅い会社ですが、診療報酬や介護報酬再建などの優良債権を対象としたファクタリング取引を展開しているので経営的に安定しています。限られた債券に特化しているため、病院やクリニックなどの医療施設や介護施設と利用者は限られますが、それぞれの専門事業者にとってはむしろ信頼できるファクタリング会社といえるでしょう。

GCMが事業の中心にすえる診療報酬債権ファクタリングのイメージをご紹介します。国民皆保険の日本では、病院やクリニックで原則3割の自己負担金を窓口で支払います。残りの7割は被保険者の種別に応じたレセプト審査機関からの支払いになります。レセプトとは医療施設において提供された診療行為のあらましと、保険点数などが記載された書類で、書類不備や虚偽が疑われる内容などがないかぎり、レセプト審査は通過します。しかしレセプト審査を通過して、保険者から病院やクリニックなどに残りの診療報酬が支払われるのは、診療行為があった日の翌々月、つまり2カ月先になります。病院やクリニックなどは典型的な労働集約産業であって、医師や看護師などの専門家を相応の人数確保しなければ運営するのが困難です。つまり開業したばかりのクリニックであれば、2カ月ほど現金入金がなくても、毎月まとまったキャッシュが必要になるのです。

このような診療報酬の特殊性に配慮したのが医療報酬債権です。GCMでは診療報酬や介護報酬など専門のファクタリング取引を展開していますが、この債券は入金元が倒産する可能性がほぼない安全な債券です。このような診療報酬債権の信用力の高さに着目して、GCMはファクタリング取引を提供しています。しかしGCMでは信用審査のために多くの書類提示を要求されたり、審査通過まで最短で3日かかったりします。書類審査で多くの書類が必要なのは、いわゆる3社間取引によるファクタリングを採用しているためで、審査に数日必要というのはそれだけ慎重に判断していることの裏返しともいえます。ただ将来の3カ月分を含めた最大5カ月分を目安に売却できるので、キャッシュフローが目に見えて改善することが大きなメリットです。

「ファクタリング」の記事について紹介しています。こちらも合わせてどうぞ。
全国
「ジャパンマネジメント」はどんなファクタリングサービス?強みや特徴を調べてみました!

ジャパンマネジメントは株式会社ラインオフィスサービスが運営するサービスです。2016年6月に設立され、資金調達支援、ファクタリング業務、在庫...

記事を読む

日本銀行
「エビスホールディングス」はどんなファクタリングサービス?強みや特徴を調べてみました!

株式会社エビスホールディングスは東京都大田区にあるファクタリング取引会社で、2015年に法人設立しています。ファクタリングを主に、企業再生事...

記事を読む

アパレル業
「えんなび」はどんなファクタリングサービス?強みや特徴を調べてみました!

えんなびは東京都台東区に本店を構えており、株式会社インターテックが展開しているファクタリング会社になります。えんなびのファクタリング審査通過...

記事を読む

弁護士
「ファクタープラン」はどんなファクタリングサービス?強みや特徴を調べてみました!

ファクタープランは、東京都豊島区東池袋に本店を構えており、株式会社ワイズコーポレーションが運営しているファクタリングサービスになります。運営...

記事を読む

東京都新宿区
「PMG」はどんなファクタリングサービス?強みや特徴を調べてみました!

PMGファクタリングのサービスを提供するピーエムジー株式会社は東京都新宿区に本社を構えており、大阪と福岡に支店を持つファクタリング事業、コン...

記事を読む